2007年03月26日

●ゆっくりと味わって欲しい“和讃(日本で日本語で作られ経の一種)”の一つ『菩提和讃』

●菩提和讃(ぼだいわさん)
若し人三世一切の仏を知んと欲すれば、法界性を観ずべし。
一切唯心造なりと、衆生おのおの仏性を、受けて生まれしものなれば
一念不生に至るとき、忽ち仏性現前し、老若男女もろともに、その身が即ち仏なり。

しかるに一念迷い初め、本有の仏性見失い、みずから凡夫となるゆえに貪り瞋り痴さの、煩悩しげき三毒に、闇き迷いの日々となる。
また色声香味触と五欲の悦楽追い求め、刹那の夢に酔いしれる
殺生偸盗邪淫慾、悪口両舌綺語妄語、破戒無懺の輩に、いつか救いのありぬべき。
それ人間の身を受けて、この世に生まれ来ることは、爪の上端に置ける土。
まして尊き仏法の、教えに親しく遇うことは、まこと得がたき縁なり。
かかる時節を失わず、信心決定いたすべし。
人々賢き智慧あれば、春は万の種を蒔き、秋の稔りを待つのみか、衣服家宅に至るまで、遠き計画立てながら、今をも知れぬ後の世の、永き冥路を打ち忘れ、空しく過ごすぞ愚なり。
無常の風に誘われて、忽ちこの世を終るとき、何を頼みとなすべきや、あまた資産のあるとても、冥途の用にはならぬもの。
家財重宝持つ人も、携え行くべき途ならず、偕老比翼の契いもしばし浮世の夢ならん。
兄弟朋友ありとして、伴い行くことさらになし、出入りの息の絶えぬれば、野辺の送りを営みて、老いも若きも仇野の、空の煙と消え失せん。
朝夕撫でし黒髪も、蓬が根の塵となる。
かかる憂き目のあるゆえに、ひたすら菩提を願うべし。
弘誓の願を身につけて、忍辱精進怠らず、布施や愛語にこころざし、十善の道歩みつつ、他己をも自己と覚るならば、これぞ菩薩の浄土なり。
観世の慧眼明らかに、弘く衆生に回向して、ともに濁世を渡るべし。
尚ぶらくは人間の、受くる形はそのままに、仏の姿にかわらねば、本来より具えし霊明の、一仏心に覚むとき、この身すなわち仏にて、仏が仏を念ずれば、一声唱うる称名も、諸仏の浄土に通徹す。
日々仏に近づきて、礼拝供養も懇ろに、香花燈燭とりささげ、粥飯茶果等供えつつ、身口意三輪浄らかに、称名念仏経陀羅尼、坐禅観法修すれば浄土はもとよりわが身にて、心が即ち仏なり。
つらつらこの身を観ずるに、生生世世の父母や、一切衆生にいたるまで、その恩愛の深きこと、天の極り無きごとし。
されば誓願たてまつり、無明の眠りを覚しつつ、行住坐臥に怠らず、一心勇猛に修業して、無辺の衆生を慈しみ、菩提の道に趣かせ、本有の仏性発露して、不報の恩を報ぜんと、般若の船に掉さして、涅槃の岸に到るべし。
一日一生 慧智(070325)
★一昨日、南伊豆の禅堂で、一度に3匹の子ヤギが誕生し、菜・根・譚の家族は6匹になりました。
DSC00068.JPG

投稿者 echi : 00:59

2005年03月13日

野狐禅和尚の思い『南伊豆の“菜根譚”について』№696

 昨日、経営や思想、商品開発、組織そして禅など、物ではなく“事”に関する議論が銀座の「おでん屋」であった。その際、南伊豆の無対立・無犠牲・自主独立を基本理念とする村『菜根譚(禅的生活空間と言っても過言ではない)』の参加資格に質問があったので、私一人が決めることは出来ないが、以下の私見を述べておきたい。
さて、人間、出来る事ならば“平和(対立関係(争い)の無い共存状態である協奏主義者)”で暮していたいと考えるの人が圧倒的に多いのは誰しも認めることだろう。と同時に、権力の座に君臨し、大衆に対して優位な立場であろうとする者(例えば、拝金主義者や権力志向の“競争賛美”の競争主義)が存在することも確認できるだろう。一般的に、前者は防衛的(内向的)で、後者は攻撃的(外向的)と見るのが標準である。となるところから、当然、前者は数が多くとも“声”は小さく、後者は数が少なくとも“声は大きいので、結果的には“二項対立”“二分された価値感”と写りがちである。しかし、確認しなければならないのは、“競争主義”は勝者と敗者という二律背反の価値観を醸成する二項対立文化へ向う流れであり、一神教を前提とする“神様争奪戦”に参戦している者たちの考え方なのです。そしてそれは、心身二元論を展開し、『魂』と『肉体』を分けて考える思考体系を確立し、前世や生まれ変わりを提言し、直接的因果論(科学的思考)とのステレオタイプの実現に流れ、最終的には『労働は懲役であり、前生に善行を積んだ家計は“貴族や支配階級”となる』とい論理展開をしています。
一方、60億という人類の7割以上の多神教(日本を含む)は、禅に近い論法である『勝ち負けのない平和生活』を希求し、『労働は美徳』という生活価値を体系化しています。しかし、情報のスピード化(デジタル化)、国際化、無智化(本質を軽視すること)という現代文明は、中庸や中間という概念を理解する能力を退化させ、全てを二律背反で考えようとする“不完全な排他的非重複的分割思考”で社会を汚染し、善人か悪人か、勝ちか負けか、正しいか誤りか・・・という稚拙な判断基準が広まっている。しかし、前出したように“それら”は『少数大声』の意見でありながら、権力と財力を最大の価値とする彼らは、“和を以て貴とし”とする圧倒的多数の声無き声を忙殺していることを理解しておかなければなりません。
 以上の意見に対し、仮に、決定的な異論反論が無く、せめて菜根譚の中では『勝ち負けを作らず、助け合い、創意工夫を以て質実剛健に暮らす』ことが約束できる者が参加の大前提になります。それ以外は、全てこれからの話し合いで決めれば良いのです。
 繰り返しますが、生き馬の目を抜き、負け組みを作って勝ち組が闊歩するような殺伐とした権力競争賛美社会より、一人一人の個性を活かして自由が尊重され、助け合って相乗効果を実現できる社会を“善し”とする方々の“ストレスマネージメント空間”であり、イザという時のシェルターであり、微笑を忘れそうになった時、アイデアが欲しい時に、情報断食ができ自問自答できる空間を求めて居る方の“村”にしたいものです。
慧智(050313)

投稿者 echi : 16:51

2005年03月07日

慧智和尚の経済学者的な日本の見方『日本丸が沈没する前に救え』№689

西武の堤さんは逮捕され、事件は小泉さんの母体である自民党森派へと火の粉が飛びそうである。また、国土計画や西武鉄道の危機で、正常債権にしていた銀行が不良債権にせざるを得なくなるかもしれない。つまり、メインバンクである「みずほ銀行」への影響は大きいだろう。まあ、それに比べて「フジテレビ対ライブドア」の実況中継は、野球人気の上を行っているから面白い。
しかし、私に言わせれば“どっちもどっちも”である。経済問題の本質は、幕末に似た「外国船討ち払い令」のような「外資排斥現象」が日本国内に起きたり、“ハゲタカ”が新生銀行の買収で2千億円以上の儲けを出した金への課税問題(勿論、ハゲタカファンドがライブドアの黒幕であるリップルウッドなども含む)、その余波を受けてストックオプションを給与所得とみなす最高裁判決、シティバンク排除、追っ付け始まるリーマンブラザーズ虐め。しかし、そんな世相であっても“ハゲタカファンドの守護者である竹中大臣は、ひとり気を吐き、その弁護と小泉さんの郵政民営化などの弁護に大忙しで、年金だ、北朝鮮だは眼中に無いし、挙句の果ての発言は、『景気は踊り場』と嘘まで言っている。日本のGDPが第三、四半期連続マイナス成長ということは、景気は後退している以外の何ものでもない。しかし、嘘は上塗りしていなければ政権がもたない。竹中大臣の思惑は外資への応援歌を歌い、株式市場にカネを流して株価をつりあげるための資金を市中にバラ撒くこと。しかし、浅はかな経済学者の知能では思惑通りには行かない。竹中氏の自己矛盾の投影が銀行に対する金融庁の検査を厳しくし、貸したくても銀行は貸せず、逆に引き締めている。その上、財政引き締めで、長期金利は上がりだし1,5%は目前。言い換えれば国債価格は下落する。しかし日銀の特権から、日銀の資産評価法は“取得原価法”で時下ではないので、堂々と粉飾決算が出来る。ご存知の通り、日銀が持っている国債は150兆円で価格が1割下がれば15兆円の損が出るので、社会保険だ郵政だ、道路公団などと言って国民の目を他に引き付けようとしても、近い内にそれも出来なくなるだろう。しかし、このような時に政府にには“神風”が吹き、巷は面白ネタでイッパイ。資本金1億円、準備金5兆円の日銀が“10兆円”の増資が正当だという声が大きくなれば、間違いなく『インフレ』を仕組むしかない。人口が減り始めたという事実は年金が破綻することに通じるが、それを誤魔化すには市中に金をばら蒔く『インフレ』しかない。言い換えれば、日本の憲法の精神である“本来あるべき姿”とは180度違う、“浪費家時代”へ国民を誘導するしかない。昨日まではデフレ、明日からはインフレだと狼少年が走り回る。走り回わっているのは“アメリカの傀儡政権である小泉・竹中、そしてKO大学グループの学者だ。『金』は何のために存在するのか。国家経済、国際経済に対する利便性を高めるための手段としてのはず。言い換えれば、国民・人類の幸福の確実性を担保する手段だ。しかし、世界を博打場にして胴元で設けようとする株式会社アメリカは、ごく一部の勝ち組を作るために、多くの負け組を必要としており、日本の入るグループは見えている。だから、私は、『競争の時代』という悪魔の囁きから『協奏の時代』という菩薩の助言を聞くべきだと言いあるっている。利益主義の会社や産業は、諸業無常を知らない。企業25年説は言うまでも無く、物は巷に溢れ、家には不用品の山。土地だって都合の良い所は“ハゲタカの棲家”になっている現在。インフレを仕込んで何に金を使かわそうとするのか。
 私は、今こそ原点に帰り考えるべきと主張し、極論的に言えば『輸入大国から自給自足』へと言いたい。最低限の住まい、食料、そして“生甲斐”となる趣味と“正しい教育”だ。勿論、鎖国をしろなどとは言わない。ブータンを見習えとも言わない。日本に必要なのは“真実を見抜ける眼と行動力”を養う本物の教育を行うことに注力さえすれば良い。それで『無対立・無犠牲・自主独立』の国作りは可能だ。
 欧米の対立は利害相反が原因。パンダの縫い包みを着たタヌキツネの国である中国の騙しは「今年は元を切り上げない」というがドルに連動している元は、ドル安で必然的に下がることは噯にも出さない。中東は宗教戦争と石油の争奪戦で、戦争状態は続くだろう。その上にガメツイ胴元の国アメリカは負債を国連(日本の負担が世界一多い)に押し付けて撤退を始めている。北朝鮮の応援団であるロシアは風見鶏、韓国は民族主義、何をするか解らない。されど、どう騒いでも4~50年で化石燃料は枯渇する。
という状況では“インフレと政権混乱”は必至であり、子供達は元気を無くし、ニートは増大し、年金生活者が潰れる。
そこで、私なりに、近未来の生活スタイルを予想すると、『教育+農業+観光+製造+中古住宅流通』が生残る。
 つまり、『菜根譚』なのだ。“質実剛健・質素倹約、物を大事に使う使い回しを推進する平和主義の国”、それが『日本』へ向うべき方向なのだと思う。言い換えれば、競争より協奏。互恵と個性の尊重が重要なのだ。金や物に幻惑されない心の豊かさを標榜する国なのだ。
今こそ、『禅』思想を世界に叫ぶべきだ。禅寺よ、禅坊主よ、風流な参禅者よ。今こそ、発言し行動しよう。袈裟・衣で抗議しよう。無抵抗主義のデモを見せよう。
新聞を読んで我慢の限界を少しだけ越えて過激になっている慧智(050207)
今夜は朝まで坐るぞ!!!!

投稿者 echi : 16:55

 
活人禅宗・両忘活人禅会
活人禅会:茨城県久慈郡大子町浅川椢立目2644 両忘山活人禅寺  南伊豆禅会:静岡県賀茂郡南伊豆町加納1232 The禅House