2007年05月24日

●墨蹟は読めない方が良い?

 海外在住の方からのメールで、師の供で茶会に出かけた雛僧のころの出来事を思い出した。あれは、確か修善寺から三島への道すがらのことだった。
慧智「先ほどのお話で茶掛になっていた『虎頭生角出荒草』と書かれていると思えるお軸について聞かれた時、最初から最後まで、読みにも出典にも触れずに話されていましたが、何故でございますか」
老師「・・・・、生き切れ、成り切れ、坐り切れ、全てはそれからだ」
慧智「坊主なら、墨蹟は読まん方が良い。何年、何十年かかろうと、書けるまで座れ、と受け留めていますが・・・」
老師「皐月は鶯の声に何を思うかな・・・」
慧智「一度生まれ、一度死ぬのが常、同じ出来事は二度と起きませんね」
老師「おい、頭陀袋に饅頭があるだろう」
慧智「飯袋子に先おこされました」
老師「喫茶去ということか」
慧智「龍澤まで3里ぐらいだと思いますが」
老師「カーーーツ」
 この遣り取りの真意は伝わらないと思う。出会いは因縁に従います。墨蹟は、書かれた言葉と文字に禅師の万感の思いが込められています。その思いと心を汲み取るには、文字や言葉と一体にならなくては“価値”はありません。漢字にカナをふる前にカナを教えるのが先。心が言葉を作る、言葉が心を作る。否、言葉が心、心が言葉。人を観て法を説くことが大事。
 因みに、碧巌録第七十則『山、百丈に侍立す』 垂示に云く、快人は一言、快馬は一鞭。萬年一念、一念萬年。直截をを知らんと要せば、未だ擧せざる已前。且道、未だ擧せざる已前、作麼生か摸索せん。擧す。山、五峰、雲巖、同に百丈に侍立す。百丈、山に問う、咽喉と唇吻を併却いで、作麼生か道わん。山云く、却って、和尚道え。丈云く、我は汝に道うを辞せざるも、已後我が兒孫を喪わんことを恐る。
却って、和尚道え。虎頭生角出荒草(虎頭に角を生じて荒草を出づ)。十州春盡きて花凋殘み、珊瑚樹林に日は杲杲たり。
一日一生 慧智(050724)『願以此功徳 普及於一切 我等與衆生 皆共成佛道』 


投稿者 echi : 08:51

2007年04月06日

●競い、争うこと毋れ

雲水時代の慧智.JPG
 無知で怠慢な者は、“社会的手抜き現象”と言われる行動を無意識にとる。どういうことかと言えば、スポーツなどを思い出せば直ぐに解る様に、自分より非力な人間と競争する時には全力を出さないし、明らかに技量が勝っている相手と競争する場合は、最初から諦め、これも全力を出さない。まあ、“兎と亀”の競争でも同じようなことがあり、それが屡のことであるから、長い間に“教訓”となっている。勿論、“環境や状況に合わす”というのが術語の本意であり、無意識の平均化である。『禅』はこれを徹底的に嫌う。
 私が師からトコトン仕込まれたのは、正に“社会的手抜き”はするな、ということ。それを『勉強や仕事、つまりは“修行”を通じてトコトン自分を磨き上げる』という表現が使われた。言い換えれば、昨日より今日、今日より明日、自分で解るように成長しろ。それが己事究明になる。お前はお前の人生の主人公である。他の誰とも違う。磨いて磨いて鏡になるまで磨け。その為には、今・此処を晴れの舞台としてしっかりと“主人公”を務めろ。掃除の時は全身を雑巾にしろ。坐る時は富士の様に坐れ。 「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」だ。その上で“心身一如、物心一如、自他一如”を生きろ。他人と比べるということ、真似をすることは罷りならん。頼まれたことは決して断らず、己が納得した方法で必ず実行しろ。風当たりが強ければ強いほど凧は高く上がる。
 30余年、このように生きてきたつもりである。しかし、まだまだ納得が行かない。最近、病のためか6時間程度の睡眠である。以前は数十年、3時間睡眠であり、仕事・勉学を半々としていた。・・・。
 今、古い写真が出てきたためか、そんな思いが湧き上がり、涙が頬を伝う。まだまだだな。否、人生は一生修行だな。寝込んでいる暇は無いな。
一日一生 慧智(070406)

投稿者 echi : 21:01

2007年03月07日

●六中観を思い出して

 昭和47年某池袋の左翼組織の書記局で活動していた時期、老師から電報が来て、数人の“胆の据わった連中”が来るから会いに来いと呼ばれた。その時は「ハイ」と言えるような境涯になく無視するつもりが、何故か寺に引き寄せられ、気が付けば末席に坐らされ、正に“茶坊主”になっていた。その一人が、日本農士学校を創立者で東洋思想の研究と後進の育成に従事し財界リーダーの啓発・教化につとめ『平成』の年号考案者として知られている安岡正篤(やすおか まさひろ)で、他に小佐野賢治、檀一雄、金丸信など意味不明の集まりだったと記憶しているが、本堂で酒を飲んでいる様子から“怪しい奴等”という感じはあった。彼のことは後に知ったのだが、本当に胆の据わった男。明治生まれの哲人で、多くの名言名句を残している。その中で拙僧が気に入っているのが、『六中観』というもの。
●死中有活(身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある)
●苦中有楽(苦中の楽こそが本当の楽
●忙中有閑(忙中に掴んだ閑こそ本当の閑)
●壺中有天(確かな内面世界こそ壷中に天を持つ)
●意中有人(いつでも人材逸材を心に留めておく)
●腹中有書(腹の中には哲学、信念が体系化されてある)
と、拙僧は『六中観』を勝手に解釈している。その中でも『死中有活』は、今の心境・境涯にピタッとくる。
人間誰しも必ず死は来る。否、死ぬために生きるのが人間かもしれない。だからこそ、時間を無駄にせず一日一生の如く生きるのである。また、寺の名前である『活人禅寺』の由来は、碧巌録の「活人剣 殺人刃」の行が繋がる大慧語録に出てくる『活人何必剣(かつじんかひつけん)』、「活人は何ぞ必ずしも剣ならん」とも読み、意味は「人を活かすのに(悪心を切る)剣が必要とは限らず、本当に優秀な者は、何もしないでも人を作る」というものなのだが、何故か安岡正篤が“その人”を連想する。
一日一生 慧智(070307)博多にて

投稿者 echi : 19:32

 
活人禅宗・両忘活人禅会
活人禅会:茨城県久慈郡大子町浅川椢立目2644 両忘山活人禅寺  南伊豆禅会:静岡県賀茂郡南伊豆町加納1232 The禅House