« ●仏教では“方便”を多用すると言われていますが、それは“嘘”だとうことですか?という質問に応えて。 | メイン | ●『泥佛不渡水 神光照天地(でいすいみずをわたらず しんこう てんちをてらす)』 »

2007年05月08日

●回向文について

 最近のことだが、説法文末に回向文『願わくは、この功徳を以って普く一切に及ぼし、我らと衆生と皆ともに、仏道を成ぜんことを』を書いている理由は、『自利利他』の本願をネット禅会の参禅者の全てと共有し実行して行きたいと願っているからです。禅は、こ洒落た文化でもなければ、学問でもなく“菩薩行”たる“宗たる教え”ですから、修行そのものなのです。その事を忘れがちな禅士が紛れ込んだり、やたらと質問をする“勉強好き”が増えるのは考え物なのです。
 前出の『願以此功徳 普及於一切 我等与衆生 皆共成仏道』という法華経からの回向文は、多くの回向文の中でも皆さんには一番身近であり“ピンとくる”回向文だと思います。
 何故なら、禅宗系が理解している菩薩は、『自未得度先度他』を肝に据え、己の悟りより衆生の悟りを支援することを優先させ、己の積んだ陰徳、功徳を全ての衆生に巡らすことを毎日毎日、己に誓っているからです。四句請願の一句目も同様です。勿論、『自利利他』は一如、『自他一如』です。つまりは、利他の“他”の中に“自”は含まれているし、自利の“自”の中に“他”は含まれ、自即是他、他即是自なのですから、何も改めて回向文を読むことは無いのですが、悲しいかな、体は毎日風呂に入れるが、心を風呂に入れるのを忘れがちなのが人間です。私とて病を直そうとする私利私欲からか、ついつい大事な大事なことが後回しになってしまうことがあり、それを戒め、請願を達成させるために毎回毎回、回向文を打っています。燃え尽きたはずの薪でも、風の吹き様で燃え上がることもあります。努努、ご油断を召されぬように願います。
一日一生 慧智 『願以此功徳 普及於一切 我等与衆生 皆共成仏道』

投稿者 echi : 2007年05月08日 14:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ryobo.org/cgi-bin/MT317/mt-tb.cgi/65

このリストは、次のエントリーを参照しています: ●回向文について:

» pharmacy from pharmacy
pharmacy pharmacy pharmacy [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年06月18日 08:25

» click here from click here
hi, great site my friend. [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年06月26日 16:40

» click here from click here
click here http://warrajen.com click here http://warrajen.com click here [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年07月06日 18:44

» buy klonopin from buy klonopin
buy klonopin http://warrajen.com/buy/klonopin/ buy klonopin http://warrajen.com... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年07月11日 21:00

» penis enalergement from penis enalergement
penis enalergement http://ayogui.com penis enalergement http://ayogui.com penis... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年09月01日 18:15

コメント

 
活人禅宗・両忘活人禅会
活人禅会:茨城県久慈郡大子町浅川椢立目2644 両忘山活人禅寺  南伊豆禅会:静岡県賀茂郡南伊豆町加納1232 The禅House