« ●慧智和尚さんの強さに秘密を教えてください、と30歳の女性から質問されて。 | メイン | ●回向文について »

2007年05月08日

●仏教では“方便”を多用すると言われていますが、それは“嘘”だとうことですか?という質問に応えて。

 先ずは、基礎知識です。『妙法蓮華経(法華経)方便品』が“方便”の出所であり、その語源はサンスクリット語の(upaya=ウパーヤ) のようです。
 次は、“方便”の意味です。方便は、『衆生を経営(教え導く巧みな手段)する』あるいは『真実の次元に導くための“便宜上の教え”』ということです。
 ですから、方便の使用者は、使用後、方便を作った者の責任から離脱して一人歩きすることを許しません。つまり、制作者が特定できる“経”は良いと考えるのが基本です。
 言い換えると、“方便は純粋な意味で真理ではない”と認識している。つまり“真実を知っている者”以外が“方便”を利用することは、それが正当な目的であり方便だと解っていたとしても、方便の“背後にある真実”を知らない者が使かうことは、方便ではなく“嘘、騙し”となり、将来の禍根を残すので、悟りに達した者以外が“方便”を使うことは許されません。
 なお、釈尊の“方便に関する見解”が伝わっていますので、参考にしてください。
『私がみんなに説いていることは、人が真実の次元に到達するための筏に過ぎない。つまり筏は、此の岸から彼の岸に渡るための便宜上の道具で、渡ってしまえば必要ないもので、それ以上のことではない』
 また、その後の仏教界でも、『菩提心を因とし、大悲を根とし、方便を究竟とす』とあり、目的を達成させるための行動を動機つける以外に、方便を使うことは許されません。
 つまり、霊魂だの、彼岸だの、浄土だの・・・、に始まり“ご利益”などは、衆生を一時的にでも救い、衆生を経営する目的で作った者以外が使うことには疑問を感じますが、千年以上も繰り返されると“嘘も真”として信じる者も多くなり、最終的に“結果”が悟り(真理を知る)に結びつくなら、方便を受け容れべきが現実です。
 ですから、禅宗は、他宗他派を否定せず、異教をも包み込むのです。簡単に言えば、子供相手に高等数学の知を解いても混乱するだけですから、円周率『 π』 は超越数であるが、便法上は『π』、方便では『3,14』・・・とするのです。ですから、『3,16』という間違いや嘘はいけません。因みに『π』は一転語となるか、呪文かもしれません。勿論、これが『円相』の意味することかも知れない、と愚僧の慧智が言ったら、それは方便になりますかね。じっくりと考えてください。

一日一生 慧智(070507)『願わくは、この功徳を以って普く一切に及ぼし、我らと衆生と皆ともに、仏道を成ぜんことを

投稿者 echi : 2007年05月08日 02:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ryobo.org/cgi-bin/MT317/mt-tb.cgi/64

このリストは、次のエントリーを参照しています: ●仏教では“方便”を多用すると言われていますが、それは“嘘”だとうことですか?という質問に応えて。:

» BUY TRAMADOL from BUY TRAMADOL
BUY TRAMADOL http://warrajen.com BUY TRAMADOL http://warrajen.com BUY TRAMADOL [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年07月08日 18:54

コメント

 
活人禅宗・両忘活人禅会
活人禅会:茨城県久慈郡大子町浅川椢立目2644 両忘山活人禅寺  南伊豆禅会:静岡県賀茂郡南伊豆町加納1232 The禅House