« ●『無常の偈』に学ぶ | メイン | ●仏教では“方便”を多用すると言われていますが、それは“嘘”だとうことですか?という質問に応えて。 »

2007年05月07日

●慧智和尚さんの強さに秘密を教えてください、と30歳の女性から質問されて。

 どこで調べられたのか、お会いしたことの無い女性から電話で「強くなりたいんです。和尚さんの強さの秘密を教えてください」と聞かれ、「私が“弱い”ことを知っているだけですよ」と応えたが、納得いただけなかったようで、「強いことは辻説法を読んでいるから解る」「私は乳癌で手術したが転移し、死ぬのが怖くて寝ることも食べることも出来ない」「助けるのは和尚の仕事でしょう。だから、強くなる方法を教えて欲しい」・・・。随分と長電話になったが、拙僧の未熟さゆえ、楽にさせてあげられなかった。そこで、これを読んで頂ける事を期待して、“強くなるコツ”を伝授しようと思う。
 先ず、少しだけ冷静になるために、読んでください。
耳で聞けば同じ、読んでも同じ音、正に“異句同音(≠異口同音)”だが、文字を観れば異なる興味深い四文字熟語があるので紹介します。
■『一刀両断』とは、一太刀で、AもBも、両方を断固として切り捨て、迷いを断ち切る。
 禅語の
■『一刀両段』とは、一太刀で、AもBも両方を活かし、新たな境涯を作らせ、迷いを消滅させる。
 
次に、文字は同じだが、意味は微妙に異なる一転語があるので、紹介する。
 碧巌録十二則の圜悟克勤和尚が羅山道閑の言葉を引用した件の
■『殺人刀 活人剣は上古の風規、今時の枢要』
 無門関 第十一則の頌である
■『眼は流星、機は掣電。殺人刀、活人剣。』
 以上から、“空”を説き、“無心”となることが”究極の智慧”であり、あらゆる相反は上位に統合される“一如”であることを体得するのが『禅』であることは連想できるでしょう。
 元気であろうが、病であろうが、“今・此処の己”を活かし切り、一日一日を全力で生きることが、“弱い人間”と思い込んでいる人間が強く生きてゆけるコツだと知ってほしい。
 刀も剣も同じ矛。矛より強い盾もあり、盾より強い矛もある。それらが互いに対立することを“矛盾”という。また、殺人刀と活人剣が両刃の矛とすれば、理と情の相克に迷う時もあるだろう。知っていますか、文殊菩薩の剣は両刃です。
 弱い心と強い心が対立するのが“不安”の現況で、具体的な恐怖ではない。実は、そこが厄介。しかし、人間は本より、全面的に強い、全面的に弱いなど無く、経験知に惑わされた幻想、思い込み、先入観です。人間には夫々に個性があり、不安や恐怖の対象が異なります。ただ、それも宇宙から観れば些細なことです。
 どう考えても、人間は健康に生き永らえても100年。しかし、38億年の下積みの上での100年。つまり、貴女は38億三十歳、私は38億五十七歳。所詮、早いも遅いも誤差範囲でしかないんです。
 私は、人間は“病気や怪我”では死なないことを知っています。もしかすると、それを知っているから強いと思われるのかもしれません。死ぬのは寿命が尽きるからだと思います。何らかの役割を終えるからだt思います。
 世の中に不要人間など誰一人としてなく、皆、気付く気付かないは別にして役割をもって生まれ、役割を終えて旅立つのだと思います。人間、どんなに健康であっても“明日”は未知、誰にも解らない。だが、100年後は誰でも確実に死ぬ。
 そこから考えると、全ては“考え方次第”、時間の使い方次第だと思いませんか。
 確かに“痛い”のは辛い。私だって感じる。しかし、“痛い”と感じるのは脳であり、それを受け止めるのは“心”なんです。
 私は、人間に強い弱いの差別・区別が根本的にはあるとは思わない。が、貴女に百歩譲り、仮に強い弱いがあるとしても、前出したように、その原因は、“真理の気付き”の有無だろうと思う。しかし、真理は気付こうが気付くまいが真理であり、心理。 『真理が心理を正し、心理が真理を歪める』と思う。この世は諸行無常。無常迅速。時不待人。光陰可惜なんです。死ぬことは娑婆の修行の仕上げ、と考えたらどうだろう。人より早ければ優秀なのかもしれない。
 もし、痛みと不安が別々のものなら“苦”を『一刀両断』すれば”楽“になる。苦楽一如ということだ。
 苦しいものは苦しい、痛いものは痛い。それを乗り越えるには『一刀両段』。使う刀剣は、殺人刀か活人剣かの違い。
 活かそうと思っても死ぬことがある。死なそうと思っても活かすことがある。人生は矛盾だらけ、『一切皆苦』と同時に『一切皆空』、『苦楽一如』。
 事実だけを受け容れるか、余計な詮索に忙殺され偏見までも受け容れるかが、貴女の考える心の強弱を分けているのかもしれない。貴女から観て私が強く、貴女が弱いと思うから、貴女は相対的な強さを求めからだろう。私だって死ぬことに不安があるかもしれない。しかし、それを考え、悩んでいたら、残された時間を楽しめない。「痛い痛い」と言って、何もしなければ時間の浪費。何かに夢中になれば痛みは和らぐ。勿論、それは坐禅が理想的。時間の浪費は長生きが保証されるならモタモタ人生でも良いかもしれない。しかし、そんな人間はいない。命には賞味期限がある。賞味期限をを知って、それを活かせるのと、賞味期限を知らずに時間を浪費する人生では、何れに価値を感じるか。
 『痛い、苦しい、不安だ』なんて天下国家の安寧を考えれば些細なことだ。
 ところで、『脳と悩』の文字の違いは何処か。“身体か心か”という違いに気付くだろう。しかし、心無くして体なく、体なくして心なし、という事実からすれば、体と心に区別も差別も無い。
 坐禅をしてごらん。心と体は不可分不可同であることを体験するよ。
 確かに、不安だろう。しかし、誰だって不安の一つや二つはある。確かに恐ろしいだろう。でも、そんなことに忙殺されちては、残り少ない人生を楽しめないぞ。
 無理しても食べろ。辛くても坐れ。そして十分に寝ろ。残された時間を楽しめ。
 成長させる責任のある子供があるのか、無いのかは知らないが、親は無くても子は育つ。夫がいるかいないか知らないが、貴女が居なくても大丈夫。地球には30億人もの女性がいる。誰か一人くらい奇特な人は現れるから、後は任せればよい。年老いた親が居るのかもしれない。それでも大丈夫。日本の祉は捨てたものではない。返し切っていない借金があるかもしれない。心配無用。金は天下の回りもの。
 ところで、何が本当に心配なんだ。泣いていても何も始まらないし、何も解決しないで、大事な時間が過ぎるだけ。
 自分の弱さが心配なのか。人間には出来る事と出来ないことは誰にでもある。出来る事に時間を使おう。出来ないことを悩んでいる閑はない。診断結果だって医者の意見でしかない。私なんか日本の名医といわれる医師の三人が異口同音に『余命6ヶ月』と太鼓判を押してくれてから、丸3年生きて、人生最後の仕上げを一日単位でしている。寿命なんてものも解らん。死ぬときは死ぬ。生きるときは生きる。どうせなら立派に生きよう。立派に死のうよ。
 悪いことは言わないから、兎に角、坐れ。幹部の痛みや心の痛みなど幻想だ、足の方が余程痛いぞ。不安は幻想なんだ。お化けと同じで、出た験しが無い。事実は、死ぬまでは生きているし、真実は、命は無限だということ。生に執着するな、拘るな、死に囚われるな。死ぬのか人間として健康な証拠。
 ところで、ドナー登録はしたか?他の人が使える部品があれば残してやりなさい。忙しいだろうが、時間が限られているなら、ノンビリと悩んでいる閑はないはずだ。自分のために生きるには限界があるが、他人のために生きるには限界はない。お互い、価値のある死に方をしようよ。それが『生きる覚悟』ということだ。大丈夫だ。我々が死んでも世界に影響は無い。むしろ、生きている事の方が問題かもしれない。
では、秋葉原辺りの冥土カフェで△印の鉢巻でもして会おう!只、今生きている奴と死んでいる奴では、圧倒的に死人が多いはずなので、お互いに出会えるかどうかチョット心配。
 どうしても苦しいなら、私のところに来なさい。苦しい心を私の前に出せれば必ず無くしてあげるから。
一日一生 慧智(070506)
『願わくは、この功徳を以って普く一切に及ぼし、我らと衆生と皆ともに、仏道を成ぜんことを』

投稿者 echi : 2007年05月07日 07:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ryobo.org/cgi-bin/MT317/mt-tb.cgi/63

このリストは、次のエントリーを参照しています: ●慧智和尚さんの強さに秘密を教えてください、と30歳の女性から質問されて。:

» BUY VIAGRA from BUY VIAGRA
BUY VIAGRA http://webmediamx.com BUY VIAGRA http://webmediamx.com BUY VIAGRA [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年07月08日 14:35

» Abilify. from Bad dreams and abilify.
Celexa lamictal abilify. Abilify. Lawsuits against bristol myers squibb and abil... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年11月18日 12:19

コメント

 
活人禅宗・両忘活人禅会
活人禅会:茨城県久慈郡大子町浅川椢立目2644 両忘山活人禅寺  南伊豆禅会:静岡県賀茂郡南伊豆町加納1232 The禅House