TOP アクセスお問合せ

●『生死』は現実です

●墓地の現実

●墓地の意義と現実

●『心を大事にすること』と『遺骨に執着すること』は違います

●『露蓮(ロハス)の会』とは

●『露蓮の会』へ入会出来る方

●『露蓮の会』を後援する寺院について


ご興味のある方はこちらへ

さらに詳しく知りたい方は

●生命は独立しつつ連続している

●新しい埋葬文化として“自由葬”を提案しています

●転ばぬ先の杖を持つことは“生きる力”になります

●今、此処で完全燃焼するのが一番大切です

●選択肢は自然が用意し、選択権は個人が行使します


●新しい埋葬文化として“自由葬”を提案しています


 如何にして自然に大地に帰すか熟慮した結果“自由葬”と名付けた葬送埋葬の新しい形式に辿り着きました。その一つが遺骨を粉体化して大地に直接撒き、その近くに、故人がこの世に生きた記念となる果樹を植えて次の世代に“実り”を通じて生命循環を実感させようという“果樹葬”や“樹木を植える植樹葬”です。勿論、不自然に聞こえるかもしれませんが、慣習的な埋葬を選択するのも自由葬の一つだと考えています。

 
次へ
散骨・自然葬・果樹葬は、地球を終の棲にする事です
静岡県賀茂郡南伊豆町加納1232 千風山活人禅堂気付
 
坐禅を日課にイキイキと生きようとする者が主人公の禅寺
両忘山活人禅寺 はこちら