TOP アクセスお問合せ

●『生死』は現実です

●墓地の現実

●墓地の意義と現実

●『心を大事にすること』と『遺骨に執着すること』は違います

●『露蓮(ロハス)の会』とは

●『露蓮の会』へ入会出来る方

●『露蓮の会』を後援する寺院について


ご興味のある方はこちらへ

さらに詳しく知りたい方は


●『露蓮の会』を後援する寺院について


『活人禅宗に属する寺院や禅関連施設』は、次のような考え方に基づいて運営されています。

一、人間修養(品格を高める)の場(坐禅の指導や生き方の勉強会が行なわれるところ)を提供している。

二、俗社会での地位や年齢や性別を超越して集う場(各種集いの場所)を提供している。

三、生命を実感する場(真正面から生死(人生)を考え語れる場)を提供している。

四、心を癒し、気品ある生活作法を獲得する場(坐禅や作務(土にまぎれて無心に働くこと)を提供している。

五、自然を実感し共生を再確認のできる場(散策や草花の育成など)を提供している。

 
次へ
散骨・自然葬・果樹葬は、地球を終の棲にする事です
静岡県賀茂郡南伊豆町加納1232 千風山活人禅堂気付
 
坐禅を日課にイキイキと生きようとする者が主人公の禅寺
両忘山活人禅寺 はこちら