TOP アクセスお問合せ

●『生死』は現実です

●墓地の現実

●墓地の意義と現実

●『心を大事にすること』と『遺骨に執着すること』は違います

●『露蓮(ロハス)の会』とは

●『露蓮の会』へ入会出来る方

●『露蓮の会』を後援する寺院について


ご興味のある方はこちらへ

さらに詳しく知りたい方は


●『心を大事にすること』と『遺骨に執着すること』は違います


 釈尊の遺体は火葬され、遺灰の大半は川に流されて自然に帰り、遺骨は最初は8つに分けられ、その後は十万近くに分けられ世界中に散っていると言われています。

 ところで、キリスト様、マリヤ様、アラー様の遺体、遺骨、遺灰はどうなっているのでしょう。 大切なのは、故人の心を大切にすることで、遺骨を骨壷に閉じ込め石室に納め、放置してしまう事ではありませんし、墓石に手を合わせて何になるのでしょう。

 既に、故人は大自然に戻り次なる生命となっているのです。ですから、手を合わせるべきは天に地に、山川草木、森羅万象にであり、自分を取り囲む全ての現象に対して日々感謝して暮らすことで、遺骨に執着するのは疑問です。

 
次へ
散骨・自然葬・果樹葬は、地球を終の棲にする事です
静岡県賀茂郡南伊豆町加納1232 千風山活人禅堂気付
 
坐禅を日課にイキイキと生きようとする者が主人公の禅寺
両忘山活人禅寺 はこちら