TOP アクセスお問合せ

●『生死』は現実です

●墓地の現実

●墓地の意義と現実

●『心を大事にすること』と『遺骨に執着すること』は違います

●『露蓮(ロハス)の会』とは

●『露蓮の会』へ入会出来る方

●『露蓮の会』を後援する寺院について


ご興味のある方はこちらへ

さらに詳しく知りたい方は


●墓地の意義と現実


 現在の日本では『少子化』が進み、離婚数は増加し、家庭崩壊と思えるようなことに起因する財産分与の問題が頻繁に聞こえてきます。

 日頃から、現実の墓地を見る度に感じますが、『大事にされているな』とは思えない状態が多いのです。

 つまり、葬儀のみならず墓地すらも“歪んだ個人主義(利己主義)”に巻き込まれ、遺族が故人の遺徳を偲び、縁者に対する縁の継承を確認する証であったり遺族の癒しの場、故人の安住の場ではなく、単に、遺骨の“保管所”という機能しかなくなっています。

 にも関わらず、都市部では数百万円、数千万円という年収を越える様な墓地に数百万もする石造りの立派な墓石が建立され、早ければ、数年で荒れ果てているところが多いのです。理由は、墓地購入や墓石建立の多くの根拠が『愛の証』だとか、『孝行のシンボルだ』とか煽られての事が多く、中には『世間体を保つ道具』としての存在になっています。それが正しいのでしょうか。

 慣習に流されるという日本人の性向を踏まえたとして、現に在る墓地は継承者が有効に使えば良いし、好んで揉め事の種を撒く事に意味はありません。

 ですが、新たに墓地墓石が必要だと考えている人は、現実を深く考え、安易に流されず葬送や埋葬の原点に立ち返って考えてみましょう。

 
次へ
散骨・自然葬・果樹葬は、地球を終の棲にする事です
静岡県賀茂郡南伊豆町加納1232 千風山活人禅堂気付
 
坐禅を日課にイキイキと生きようとする者が主人公の禅寺
両忘山活人禅寺 はこちら