TOP アクセスお問合せ

●『生死』は現実です

●墓地の現実

●墓地の意義と現実

●『心を大事にすること』と『遺骨に執着すること』は違います

●『露蓮(ロハス)の会』とは

●『露蓮の会』へ入会出来る方

●『露蓮の会』を後援する寺院について


ご興味のある方はこちらへ

さらに詳しく知りたい方は


●『生死』は現実です


 人間を含む全ての生物は“力の循環(物質の原点)”という本質を共有し、形ある物は壊れ、命ある者は死に、大自然を構成している“重要な一部”に帰り、循環の過程に入り、別の生命の一部になり続けて永遠に生き続けます。

 つまり、今、生きているということは、その循環の一部なのです。

 生を実感した者なら一度は考えた事があるだろう『死んだら何処へ行くのか』という疑問は、永遠に解き明かされないと考えている人もいれば、既に答えは出ていると考えている人、解からないという人、答えないという人がいるなどしますが、100%確かな事は、人は一度は必ず生まれ死にます。そして、その生や死は記憶に残るか、記録に残ります。

 つまり、事の大小は別に、大半の人は葬儀や埋葬をもって一区切りです。
 
次へ
散骨・自然葬・果樹葬は、地球を終の棲にする事です
静岡県賀茂郡南伊豆町加納1232 千風山活人禅堂気付
 
坐禅を日課にイキイキと生きようとする者が主人公の禅寺
両忘山活人禅寺 はこちら